元AKB48の大島優子とグラビアアイドル山崎真実が、"テケテケ"出生の謎に迫る衝撃ホラームービー!監督は邦画ホラーの重鎮、白石晃士が担当した。
【ストーリー】
大橋可奈(大島優子)のクラスメイト・関口綾花(西田麻衣)が、下半身のない死体で発見された。この事件を機に、学校では"テケテケ"の話で持ちきりに。 "テケテケ"を見た者は、72時間以内に必ず死ぬ。可奈はこの都市伝説について調べるため図書館を訪れると、そこで可奈のいとこ・平山理絵(山崎真実)と出くわす。理絵は大学の心理学科に通い、都市伝説に関する卒業論文をまとめていた。理絵の話によれば、"テケテケ"のルーツは、兵庫県の加古川で、戦後間もなく起こった女性の鉄道投身自殺にあるという。2人は早速、加古川へ向かう。許された時間は72時間。そう、可奈は"テケテケ"を見てしまっていたのだ・・・。

    • 音楽
    • 清水真理
    • 制作年
    • 2009年
    • 制作
    • アートポート

詳細を閉じる