銀行勤めのキャリアウーマン(桃井かおり)と、田舎から東京に出てきた自由奔放な姪(薬師丸ひろ子)の奇妙な共同生活を描いたコメディ。登場する女たちはヴィヴィッドで弾けている一方、男たちはどれもステレオタイプで滑稽ですらある。女性が社会で大きく躍進した1980年代後半を象徴するかのような、まさに日本初の「レディース・コメディ」。大人しい印象のある薬師丸の弾けた演技にも注目。

【ストーリー】
東京ど真ん中。大手都銀で仕事をこなすバリバリのキャリア・ウーマン、菅野萌子(桃井かおり)のもとに、バイクを駆る自由奔放な姪、高橋亮子(薬師丸ひろ子)が転がり込んできた。洗練されたシティ・ライフを謳歌する萌子にとって、亮子のライフスタイルはカンに触ることばかりで顔を合わせれば口論が絶えない。そんな中、萌子は女性初の支店長として九州への転勤を打診され悩んでいた。一方、亮子はパン屋を経営する・吉野喜一(近藤敦)に一目惚れ。ところが、喜一に別居中の妻がいることや、彼が萌子のいる銀行に爆発物を仕掛けようとしていることを知ってしまった亮子は…。

    • 制作年
    • 1989年
    • 制作
    • ケイファクトリー

詳細を閉じる