映画「NANA」

この作品は「プレミアム見放題」対象外です。

【TBS Pictures】矢沢あい原作の人気コミック「NANA」を映画化。カリスマ性を持ち、メジャーデビューを目指すバンドのボーカリスト・大崎ナナと、ごく平凡で恋が最優先のキュートな女の子・小松奈々。一見正反対に見える2人のNANAの出会いと東京での同居、20歳の恋と友情、夢と現実などを描いた青春ストーリー。キャストは、大崎ナナには自身も原作の大ファンという中島美嘉。小松奈々には実力派女優・宮崎あおい。その2人を囲む男性陣も松田龍平、成宮寛貴、松山ケンイチ、玉山鉄二など人気俳優が集結し、おのおのが原作のキャラクターに忠実なルックスで挑んだ。主題歌は中島美嘉が「NANA starring MIKA NAKASHIMA」名義でリリースした「GLAMOROUS SKY」。作曲・プロデュースはL'Arc~en~CielのHYDE、作詞を「NANA」の原作者・矢沢あいが担当して話題となった。
【ストーリー】
東京にいる彼氏の元へ向かう小松奈々(宮崎あおい)と、バンドでの成功を目指し上京するボーカリスト・大崎ナナ(中島美嘉)。そんな2人が東京駅に向かう電車の中で偶然隣り合わせた。同い年、同じ名前ということで意気投合した2人は後日、引っ越し先の部屋で再会し一緒に暮らし始める。 ナナは新たなバンドメンバー・シン(松山ケンイチ)を見つけ、なじみのギタリスト・ノブ(成宮寛貴)やドラマー・ヤス(丸山智己)と"BLACK STONES(ブラスト)"としての活動を東京で再開する。一方、彼氏の章司(平岡祐太)との関係がぎくしゃくし始めていた奈々に"TRAPNEST(トラネス)"のライブチケットが当たる。トラネスは才能あふれるリーダー・タクミ(玉山鉄二)や名ギタリスト・レン(松田龍平)などのいる超人気バンド。奈々はそのライブにナナを誘うが、ナナはなぜかトラネスのライブに行くことを渋る。そこには奈々の知らないナナの過去があった・・・。

    • 音楽
    • 主題歌:「GLAMOROUS SKY」NANA starring MIKA NAKASHIMA
    • 制作年
    • 2005年
    • 制作
    • 「NANA」製作委員会

詳細を閉じる