映画「築地ワンダーランド」

豊洲への移転が予定されている東京都中央卸売市場築地市場を、東京魚市場卸協同組合の全面協力のもと、1年以上にわたり密着したドキュメンタリー。本作では、1年を通じて表情を変えていく築地の姿や、四季折々の魚たちなど、これまでカメラが入ることがなかった築地市場のさまざまな顔が描かれる。監督は広告やミュージックビデオなどを幅広く手掛け、本作が劇場用映画初監督作品となる遠藤尚太郎。
【ストーリー】
世界一の魚市場と称され、世界中のトップシェフから観光客まで多くを魅了する"築地市場"。撮影困難といわれる築地で、初めて1年4カ月にわたる長期撮影を行った。そこに集う魚のプロフェッショナルたちの日々の営みと、彼らの使命感に満ちた熱き生き様に迫る。築地で働く人々を始め、名だたる名店の料理人から、文化人、評論家など食に関わる人々総勢150名にインタビューを敢行。豊かな四季と世界で唯一無二の市場の姿を通して、知られざる日本の食文化の神髄に迫る傑作ドキュメンタリー!

    • 制作年
    • 2016年

詳細を閉じる