映画「ソロモンの偽証 後篇・裁判」

原作・宮部みゆき。日本映画史上最強のヒューマン・ミステリー超大作、後篇。
【ストーリー】
前代未聞の中学生による校内裁判、ついに開廷。被告は、告発状によってクラスメイト殺害の嫌疑がかけられた問題児。校内裁判の提案者である藤野涼子(藤野涼子)は検事として、彼の有罪を立証しようとする。対する弁護人は、他校生ながら裁判に参加する神原和彦(板垣瑞生)。さまざまな思惑が絡み合う中、真相を究明しようと彼らは必死に奔走する。そして、裁判は思いもよらぬ人物の【証言】で幕を閉じる。真相を知った彼らが、その先に見たものは・・・。

    • 制作年
    • 2015年

詳細を閉じる