映画「白ゆき姫殺人事件」

原作:湊かなえ×出演:井上真央、綾野剛×監督:中村義洋。ベストセラー小説を映画化した、ネット炎上をテーマにしたサスペンス!美人OL惨殺事件の容疑者【城野美姫】は、魔女か?天使か?
【ストーリー】
国定公園・しぐれ谷で誰もが認める美人OLが惨殺された。全身をめった刺しにされ、その後火をつけられた不可解な殺人事件をめぐり、1人の女に疑惑の目が集まる。彼女の名前は城野美姫(井上真央)。同期入社した被害者の三木典子(菜々緒)とは対照的に地味で特徴のないOLだ。テレビ局でワイドショーを制作するディレクター・赤星雄治(綾野剛)は、彼女の行動に疑問を抱き、その足取りを追いかける。取材を通じてさまざまなうわさを語り始める、美姫の同僚・同級生・家族・故郷(こきょう)の人々。「城野さんは典子さんに付き合っていた人を取られた・・・押さえていたものが爆発したんだと思う、あの事件の夜」「小学生の頃、よく呪いの儀式をやってたって。被害者の殺され方が呪いの儀式と同じでしょう?」「犯人です、間違いありません!」。テレビ報道は過熱し、ネットは炎上。うわさがうわさを呼び、口コミの恐怖は広がっていく。果たして城野美姫は残忍な魔女なのか? それとも・・・。

    • 制作年
    • 2014年

詳細を閉じる