映画「おとうと」

女手一つで娘を育ててきた姉と、大阪で芸人にあこがれながら破天荒な暮らしを送る弟との再会と別れを描く家族ドラマ。10年ぶりの現代劇となる山田洋次監督が、市川崑監督の『おとうと』にささげるオマージュ作品。主演を吉永小百合が務め、その弟役を笑福亭鶴瓶が好演。家族の絆と人間模様が、笑いと涙を織り交ぜながら描かれる感動作。
【ストーリー】
東京の郊外で、夫亡きあと小さな薬局を営み、一人娘の小春(蒼井優)を育ててきた姉・吟子(吉永小百合)。大阪で何ひとつ成し遂げないまま歳を重ねてしまった弟・鉄郎(笑福亭鶴瓶)。音信不通だった彼が突然、小春の結婚式に現れる。以前も吟子の夫の十三回忌で、酔っ払い大暴れした鉄郎。今日は1滴も飲まないと約束するが、酒を目の前にした鉄郎は我慢できず、酔っ払って大騒ぎ。披露宴を台無しにしてしまう。激怒する身内の中で、吟子だけは鉄郎をかばっていたが、後日、ある出来事がきっかけで吟子は鉄郎に絶縁を言い渡してしまう。肩を落として出ていく鉄郎の背中に不吉な予感を覚える吟子だったが・・・。

    • 音楽
    • 冨田 勲
    • 制作年
    • 2010年

詳細を閉じる