映画「サイドライン」

史上初のメインダンサー&バックボーカルを組む男性7人組ユニット、超特急。デビュー以来、音楽シーンで着実に人気と実力共に上昇中の彼らが、今度は映画で新たな魅力を爆発させる。長編映画の主演初挑戦となる超特急のメンバーが扮するのは、町で年に1度行われる「兎」祭を背景に、自らの壁にぶち当たり、「ダメな自分を克服したい」と悩みながらも、1人の少女の願いをかなえるべく奮闘する男の子たち。そんな彼らの姿に共感を呼ぶ青春感動ストーリーが誕生!
【ストーリー】
就活もうまくいかず毎日ゴロゴロ過ごしている神社の息子・大悟(ユースケ)、従兄弟の賢将(コーイチ)、保育士の日向(リョウガ)、アメリカ留学から戻ってきた宇宙(カイ)、青果店の息子・貴章(ユーキ)、フラワーショップの息子・信矢(タクヤ)、モールのオーナーの息子・博巳(タカシ)の7人は幼馴染で、町内会の青年団。とあるきっかけで8才の少女・ハナ(岩崎未来)と出会う。7人は年に1度の祭り始めのイベントで、ハナのためにチアリーディングに挑戦することを思いつく。

    • 音楽
    • 主題歌:超特急「HOPE STEP JUMP」
    • 制作年
    • 2015年
    • 制作
    • 「サイドライン」製作委員会

詳細を閉じる