映画「ビリギャル」

  • 2015
  • 映画

この作品は「プレミアム見放題」対象外です。

【TBS Pictures】原作は、坪田信貴のベストセラー「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」。感動の嵐を呼んだ奇跡の実話で、慶應大学合格という夢に向かって突き進む主人公の姿は、やがて崩壊寸前だった家族の絆を取り戻していく。家族の愛と仲間の友情、明日から頑張る勇気とヒントをくれる、とびきりの青春ストーリー!監督は「いま、会いにゆきます」や「ハナミズキ」の土井裕泰。主演のビリギャル・さやかには有村架純がふんし、"ギャル"というこれまでのイメージと違う役を好演し新境地を開いた。また、さやかを奇跡に導く塾講師・坪田先生役に伊藤淳史、さやかの母親・ああちゃん役に吉田羊、塾の仲間・玲司役に野村周平と豪華俳優陣が集結した。
【ストーリー】
さやか(有村架純)は高校2年生。中学入学以来、全く勉強をしなかったので、ついに成績は学年ビリ。いくらなんでもこのままではマズイと思ったのか、そんな女の子が学習塾にやってきた。でもその姿は金髪、ヘソだし、超ミニスカのギャルメイク。対応した塾講師の坪田(伊藤淳史)もびっくりの彼女の知識は小4レベル。聖徳太子を「セイトクタコ」と読み、東西南北も分からない。それでも夢は大きく第1志望はチョー難関の慶應大学!(←ゼッタイ無理!)「さやかが慶應なんてチョーウケる~!」。こうしてノリで二人三脚の受験勉強がはじまった!夜も寝ないで頑張るさやかだが、偏差値70の慶應は甘くない。周囲からはののしられ、成績は伸びず、友達とも遊べない。それでも支えてくれる周囲の人たちのため、さやかは慶應合格に向け走り続ける。

    • 音楽
    • 主題歌:サンボマスター「可能性」(ビクターエンタテインメント/Getting Better) 劇中歌:Saku「START ME UP」(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)
    • 制作年
    • 2015年
    • 制作
    • 映画「ビリギャル」製作委員会

詳細を閉じる