映画「ふしぎな岬の物語」

この作品は「プレミアム見放題」対象外です。

【TBS Pictures】懐かしさが漂う、実在した岬の喫茶店を舞台に、その店主と周囲の人々との温かい触れ合いを描いたヒューマンドラマ。女優・吉永小百合が初めて企画も手掛けた主演作で、第38回モントリオール世界映画祭で審査員特別賞グランプリを受賞。大きな話題を集めた。監督は『孤高のメス』などで観る者の心を震わせてきた成島出。森沢明夫の小説「虹の岬の喫茶店」を原作に、成島監督と親交の深い脚本家、加藤正人と安倍照雄が味わい深いドラマを作り上げた。共演は阿部寛や竹内結子、笑福亭鶴瓶、笹野高史と、実力派俳優が顔を揃える。
【ストーリー】
のどかな太陽と海に抱かれて、独特の時間が流れる岬村。その岬の先端で、静かに佇む「岬カフェ」。どこか懐かしさの漂うこのカフェで、何より人々を和ませるのは、店主・柏木悦子(吉永小百合)が丁寧にいれた心づくしのコーヒーだ。悦子の祈りを込めた一杯は、カフェに集う人たちを元気づけた。悦子をこの地へと導いたのは、今は亡き最愛の夫。スケッチ旅行で偶然訪れた岬で、美しい虹と出会った夫は、虹の絵を悦子に遺した。ひとりぼっちになった悦子は、虹をつかむような気持ちで虹の岬に移り住んだのだった。
みんなで喜びを持ち寄り、悲しみを分かち合う・・・。そんな穏やかな日々がいつまでも続くことを願う岬村の人たちに、荒波が押し寄せる。悦子への思慕に戸惑う甥の浩司(阿部寛)。大阪への転勤が決まった常連客のタニさん(笑福亭鶴瓶)。徳さん(笹野高史)との別れの時が近づき、積年の親不孝を悔いるみどり(竹内結子)。そして悦子を見守ってきた虹の絵も、カフェからなくなってしまう。大切なものが次々と去り、悦子は再び寂しさに襲われる。さらに追い打ちをかけるように、岬カフェが炎に包まれて・・・。

    • 音楽
    • メインテーマ:「望郷~ふしぎな岬の物語~」村治佳織(ユニバーサルミュージック) 劇中歌:「入っておいで この里に」ブラザーズ5(アップフロントワークス)
    • 制作年
    • 2014年
    • 制作
    • 「ふしぎな岬の物語」製作委員会

詳細を閉じる