映画「のぼうの城」

この作品は「プレミアム見放題」対象外です。

【TBS Pictures】
「豊臣軍にケンカを売った、でくのぼうがいた。」
野村萬斎主演。犬童一心(映画「ゼロの焦点」)×樋口真嗣(映画「日本沈没」)という異例のダブル監督が、和田竜のオリジナル脚本を完全映画化!日本映画の歴史を塗り替える壮大なスケールで放つ、興奮と感動の戦国スペクタクル・エンタテインメント。強くはないが、人気だけはある男 "のぼう様"こと成田長親(野村)が、天下の豊臣軍に戦いを挑む姿を描く。共演は榮倉奈々、成宮寛貴、山口智充、上地雄輔、山田孝之、平岳大、市村正親、佐藤浩市ほか。
【ストーリー】
天下統一目前の豊臣秀吉(市村正親)は、唯一残された敵・北条勢を攻めようとしていた。
周囲を湖で囲まれた「浮き城」の異名をもつ「忍城」もそのひとつ。忍城は、その不思議な人柄から、農民たちから"のぼう様(でくのぼうの意)"と呼ばれ親しまれている、成田長親(野村萬斎)が治めることに。迫りくる天下軍に緊迫する仲間たちを前に、長親は「北条にも、豊臣にもつかず、皆で今までと同じように暮らせないかなあ~」と呑気なことを言って皆を唖然とさせる。
天下軍を指揮する石田三成(上地雄輔)は忍城に降伏を迫る。しかし多勢に無勢、と三成軍のなめきった態度に、長親が思いもよらない言葉を発する。
「戦いまする」
そして、誰の目にも絶対不利な、たった500人の軍勢対2万の大軍の戦いの火ぶたが切って落とされた・・・!

    • 音楽
    • 主題歌:「ズレてるほうがいい」エレファントカシマシ(ユニバーサル シグマ)
    • 制作年
    • 2011年
    • 制作
    • 「のぼうの城」フィルムパートナーズ

詳細を閉じる