MOZUスピンオフ 大杉探偵事務所~砕かれた過去編

この作品は「プレミアム見放題」対象外です。

2014年にTBS&WOWOW共同制作の連続テレビドラマとしてスタート、2015年に映画化と、日本のエンターテインメント界に大反響を巻き起こしている「MOZU」。本作は、「美しき標的編」に続くスピンオフストーリーで、主人公は、倉木(西島秀俊)たちとともに事件解決に奔走した、叩き上げの熱い刑事・大杉良太(香川照之)。警察官を辞めて探偵事務所を開業した大杉が、ナゾに包まれた施設を調査する中で、自身が警察を辞めるきっかけとなった理由が明らかになっていく。「美しき標的編」とは打って変わり、ダークでミステリアスに描かれているのも見どころ。
【あらすじ】
元警視庁捜査一課の敏腕刑事で、今は探偵業を営む大杉良太(香川照之)。いまだ軌道に乗らない大杉探偵事務所に、お天気キャスターの小池リサ(早見あかり)が依頼に訪れる。依頼内容は、18年前に死んだはずの双子の妹・リナ(早見あかり/2役)の捜索。送り主不明で送られてきた映像に、施設の一室で獣のように一変しカウンセラーを襲うリナの姿が映っていたのだ。リサはリナがどこかで生きていると確信していた。そして1年前に両親を殺害した犯人が妹だとも・・・。リサの両親は、廃墟となった大学病院の研究所で何者かに殺された後、心臓をえぐり取られていた。一方、離婚調停中の大杉は、なぜ家族に相談もせず警察を辞めたのかと問われるが、かたくなに口をつぐむ。脳裏に明滅するのは、刑事を辞めるきっかけとなった事件・・・後輩刑事の三島彰文(桐谷健太)と共に追った、新谷宏美の模倣犯による悲惨な連続殺人事件の記憶だった。

    • 音楽
    • 菅野祐悟
    • 制作年
    • 2015年
    • 制作
    • WOWOW・TBS 制作協力:ROBOT

詳細を閉じる