21歳の別離 ~中堀由希子、白血病とのたたかいに青春をかけて~

  • 1994
  • ドラマ

この作品は「プレミアム見放題」対象外です。

18歳の時に「慢性骨髄性白血病」を発病し、骨髄移植を受けながらも21歳の若さで亡くなった中堀由希子さんの実話をドラマ化。多くの人々に白血病の恐ろしさと骨髄移植の現状を訴えかけた中堀さん役を和久井映見が演じる。(MBS製作)
【ストーリー】
病院の中を明るく歩く中堀由希子(和久井映見)、18歳。元気に見える由希子だが、「慢性骨髄性白血病」と告知されていた。数カ月後、友人の美津子(鈴木佳)たちが辻井重吉(筒井道隆)を連れて見舞いにやって来る。「白血病なの」と明るく話す由希子に驚く重吉。この出会いをきっかけに2人は互いにかけがえのない存在となる。骨随移植が必要な由希子のために、家族や親戚のHLA(白血球の型)を検査するが、一致する人がいないことが判明。ある日、由希子は同じ病の患者・浜田(寺泉憲)から、骨髄バンクの運動を行っている大谷貴子(東ちづる)を紹介される。貴子も由希子と同じ病だったが、母親から骨髄移植を受けたという。そんな貴子からバンク運動に誘われ戸惑う由希子。しかし数日後、元気だったはずの浜田の死をきっかけに、白血病患者の先頭に立つことを決意する。そんな中、待望のドナー(骨髄提供者)がアメリカで見つかる。そして、アメリカから到着した骨髄の移植手術当日、日本初の海外からの骨髄提供移植手術は無事に終了。幸せそうな笑顔の由希子たちだったが・・・。

    • 音楽
    • 主題曲:「YUKIKO -そのはかない生命のメッセージ-」刀根麻理子(日本コロンビア)
    • 制作年
    • 1994年
    • 制作
    • MBS

詳細を閉じる