Kesennuma,Voices.4 東日本大震災復興特別企画~2014 堤幸彦の記録~

  • 2015
  • ドラマ

「ケイゾク」や「SPEC」など数多くの人気作を手がけた堤幸彦監督が、被災地・気仙沼を舞台に描くTBSオンデマンドオリジナル番組の第4弾『Kesennuma,Voices.4』。
今回は、東日本大震災の津波で妹夫婦を亡くしたアナウンサー・生島ヒロシ氏が、長男・生島勇輝と次男・生島翔とともに気仙沼の地を踏む。
生島の2人の息子は、2011年12月にボランティア活動で訪れて以来、毎年、復興の困難に直面している気仙沼の人々の声に耳を傾けてきた。二人の目を通して、"気仙沼の声"を記録してきたこの番組。今回は、「大切な人を失うということ」をテーマに、父ヒロシのルーツをたどりながら4年目の"声"として父の言葉も記録する。
依然として仮設住宅暮らしであったり、高台移転の工事が遅れまだまだ自分の場所に戻れないなど住環境は多様。少しずつだが確実に街の復興が進む中、身内を失った人々が亡くした人を想うことで、「心の復興」の言葉が綴られていく。

    • 音楽
    • 主題歌:「春の永遠」熊谷育美
    • 制作年
    • 2015年
    • 制作
    • オフィスクレッシェンド/TBS

詳細を閉じる