おやじの背中 第七話 「よろしくな。息子」作:山田太一

戸川祐介(東出昌大)がアルバイトをしているコンビニに深夜、強盗が現れる。マスクをつけ、出刃包丁を突き出したのは中年の女・桂(柴田理恵)。しかし、桂は気が動転していて「金を出せ」とも言えない。その様子を見ていた唯一の客・高村浩司(渡辺謙)は警察を呼ぶというが、祐介は二度と強盗などやらないと桂に約束させ、彼女をそのまま解放する。
しばらくして、祐介は浩司に呼び出される。浩司はコンビニでの祐介の行動が実に見事だったと賞賛し、じっくり話をしたくなったという。祐介はそれだけの用件かといぶかるが、浩司が単に偶然コンビニにいた客でないことがわかった。
浩司は祐介の母・泰子(余貴美子)と最近見合いをし、断られた男だった。気持ちの整理がつかなくて、泰子の息子にただ一目会いたかったという浩司だが、話をしているうち、祐介に自分が一生をささげた靴作りを継がないかと言い出す。祐介からこのことを聞いた泰子は浩司に呆れるが・・・。

    • 制作年
    • 2014年
    • 制作
    • TBS

詳細を閉じる