昭和初期。愛知佐一郎 (佐藤浩市)は、父・佐助が発明した自動織機の製造を手掛ける愛知自動織機の常務を務めていた。そんな中、佐一郎はアメリカ自動車産業の隆盛を目の当たりにし「これからは日本にも車の時代が来る」と確信。当時としては無謀とも言われた国産自動車の開発を推し進める。しかし、愛知自動織機の社長・石山又造 (橋爪功) はこれに猛反対し・・・。

    • 音楽
    • 千住明
    • 制作年
    • 2014年
    • 制作
    • TBS

詳細を閉じる