五嶋龍 in コロンビア

この作品は「プレミアム見放題」対象外です。

世界的バイオリニスト・五嶋龍が2013年4月に行った南米・コロンビア公演に同行。公演の様子に加え、現地での出会いや新たな発見が詰まった音楽紀行ドキュメンタリー。
犯罪が多く危険、というイメージが強いコロンビア。しかし、今では「武器を楽器に」の合言葉のもと、世界各国からアーティストを招聘するなど、文化事業にも力を入れている。そんなコロンビアの首都・ボゴタでの公演では、地元の青少年で構成されるオーケストラと共演。クラシック音楽家に憧れる団員と五嶋との触れ合いを追う。
次に向かったのは、コロンビア第3の都市・カリ。今回の公演はコロンビアの日系人協会による招待で実現した。カリを訪れた五嶋は、彼を招いてくれた日系人たちに会い、70余年におよぶ日系移民の歴史に触れる機会を持った。日系の人々の苦難の歴史を知った彼の胸に去来したものは・・・。そして、バイオリン演奏にその想いをどう込めるのか・・・。
このほか、五嶋が行く先々で出会う、コロンビアの国民的音楽サルサ、美しい街並み、ラテンの人々の生活ぶりなども紹介する。
【2013年4月23日(コロンビア・ボゴタ)、2013年4月25日(コロンビア・カリ)】

【曲目】
チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.35
ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.61

    • プロデューサー
    • 矢島公紀
    • 制作年
    • 2013年
    • 制作
    • TBS

詳細を閉じる