MBSドキュメンタリー「映像'12」 千年震災に備える~地震学者の"温故知新"~

  • 2012
  • ドキュメンタリー

この作品は「プレミアム見放題」対象外です。

東京大学地震研究所を2012年3月に定年退職した、地震学者・都司嘉宣。彼は古文書を読み解くことで、有史以来の地震・津波を研究している。
2011年3月の東日本大震災は、およそ千年前に起きた貞観地震と似た規模だったことがわかっている。地震・津波が一定の周期で繰り返し起きることを、もっと警告できていたら、被害が少なくて済んだと都司は残念がる。近い将来起きるとされる南海トラフ巨大地震への備えも、過去に起きた地震を正しく知ることが第一と話す。
番組では、都司が津波対策アドバイザーをつとめる高知県四万十市での取り組みや、過去の南海地震・津波で大阪の町が受けた被害を独自の視点解明する様子を伝える。

    • 制作年
    • 2012年
    • 制作
    • MBS

詳細を閉じる