遺品整理人 谷崎藍子III ~48年目の証人~

この作品は「プレミアム見放題」対象外です。

人気シリーズ第3弾!故人の遺品を整理する専門業者「遺品整理会社」。遺品整理のプロ・谷崎藍子(高畑淳子)が、遺産目当てで殺されたと思われた男性の過去に迫る。男性の妻が殺害を認め、事件は解決したかに思われた。が、藍子の手により、遺品の中から別の犯人の影が浮かぶ。遺品を手がかりに兄弟の確執を暴いていく藍子。48年前の幼い頃の記憶。その真実に藍子が迫る時、藍子に魔の手が伸びる・・・。共演は大杉漣、ガッツ石松、佐藤仁美、窪塚俊介、矢崎滋、加賀まりこほか。(MBS・TBS製作)
【ストーリー】
高級マンションに暮らす高丸勇一(ガッツ石松)のもとを、突然、弟の片山忠雄(大杉漣)が訪ねてきた。10年前、亡母の山林を等分に分けた兄弟だったが、たまたま兄の勇一が相続したところに高速道路が通り、平等に分割したはずの土地が兄弟の明暗を分けたのだった。10年ぶりの再会を懐かしむ勇一を、忠雄は緻密に立てた計画に沿って殺害する。それは決して自分が犯人だとは分からない完全犯罪となるはずだった。
数日後、勇一の妻・由季子(佐藤仁美)が夫を殺害した容疑で逮捕された。不倫が原因で離婚話のあった由季子が、入浴中の勇一を持病の心臓発作を装って感電死させたという疑いがかかる。当初、犯行を否認していた由季子だったが、裁判がはじまると一転して犯行を認め、事件は判決を待つばかりとなった。事件を担当する三田村刑事(矢崎滋)からの紹介で、遺品整理会社「青い鳥社」のベテラン社員・谷崎藍子(高畑淳子)たちは勇一のマンションに向かうが・・・。

    • 音楽
    • D flat
    • 制作年
    • 2012年
    • 制作
    • MBS/TBS
    • その他
    • 「大杉漣さん」のしんにょうは、点が2つです。 お使いのパソコンの環境により、表示が異なる場合があります。

詳細を閉じる