いろいろな視点から未来を見つめ、世界各地に現在進行形で行動している "挑戦者" たちを紹介するTBSのヒューマンドキュメンタリー番組「夢の扉+」。番組でナレーターをつとめる中井貴一、坂口憲二、向井理の3人をメインキャストに迎え、日本が世界に誇るテクノロジーや夢を切り開いてきた実在の人物・団体に着想を得て、スペシャルドラマ『夢の扉 特別編「20年後の君へ」』が制作された。様々な壁にぶつかりながらも、夢に向かって未来を切り開いていく人々の姿をハートフルに描く。共演は忽那汐里、田中圭、平泉成、豊原功補、原田美枝子ほか
【ストーリー】
澤田雄一郎(中井貴一)は、一流商社で海外インフラビジネスを手がけるエリートサラリーマン。美人で料理上手な妻・佳乃(原田美枝子)、東大を卒業し経産省に勤務している長男・大地(田中圭)、ワシントン大学に留学中の長女・麻理子(忽那汐里)の4人家族。雄一郎自身も役員昇進も近いと噂されるなど、全てが順風満帆だと信じて疑わなかった。
ところが、雄一郎は出張で訪れたバングラデシュで、アメリカにいるはずの麻理子と遭遇する。驚く父に対し麻理子は、現地の子どもたちを支援するNGOを主催している石川和馬(向井理)の元でボランティアをしていると説明する。「バングラデシュの人たちを豊かにする為に何かをしたい」と自らの夢を話す麻理子だが、雄一郎は一方的に反対する。そんな父に愛想をつかした麻理子は、かねてより兄や母が雄一郎に不満を抱いていることを口にする・・・。
帰国した雄一郎は、大地が1年も前に経産省を辞め、アルバイトしながらデザインの勉強をしていることを佳乃から聞かされる。「子どもの夢を応援したい」という佳乃に声を荒げる雄一郎。だが佳乃は、そんな夫に「自分の人生を生きてみたい」と内に秘めていた思いを告白する・・・。
翌日、雄一郎は大地が働く中山造園を訪れる。経営者の中山広太(坂口憲二)は、自然の石で壁を作る事業に取り組んでいて、大地も"最強の壁"を作るのが夢だという。
そんな中、突然雄一郎に下されたガンの宣告。家族のために必死で働いてきたはずなのに、気付けば家族はバラバラ・・・。雄一郎は、残されたわずかな時間で「家族の夢を応援する」ことを決意する。
※映像内のプレゼントの応募は、告知なく終了している場合がございます。ご了承下さい。

    • 音楽
    • 音楽:木村秀彬 主題歌:桑田佳祐「愛しい人へ捧ぐ歌」(タイシタレーベル/ビクター)
    • 制作年
    • 2012年
    • 制作
    • TBS

詳細を閉じる