快男児・柳生十兵衛の活躍を描く大型時代劇。三代将軍・家光の命を狙う大陰謀、背後には家光の実弟・駿河大納言忠長の影が・・・。果たして首謀者は誰なのか?事態の真相究明を命じられた柳生十兵衛が東海道を西へ向かう。十兵衛を演じるのは時任三郎。長身を駆使した剣さばき、殺陣のシーンに加え、サスペンス要素もたっぷり盛り込まれている。
【ストーリー】
時は寛永。江戸八百八町を夜な夜な騒がせるつじ斬りに人々は震え上がっていた。黒覆面の犯人が、徳川家の家紋・三ツ葉葵の羽織を着ていたため、将軍・家光(志垣太郎)がつじ斬りをしているのではないかとうわさが立っていた。一方では、将軍の座を狙う家光の弟である駿河大納言忠長(宅麻伸)の陰謀だといううわさも流れ、幕閣や老中は混乱する。その事態を重く見た家光は、「十兵衛(時任三郎)に真相を探らせよ」と剣術指南役・柳生但馬守(芦田伸介)に命を下す。但馬守の子であり、家光の剣の稽古相手である十兵衛は、真相究明のために東海道を西へと向かう。

    • 制作年
    • 1990年
    • 制作
    • 木下プロダクション/TBS

詳細を閉じる