落語研究会「おかめ団子」橘家圓太郎

「落語研究会」は、明治38年に当時の落語界に危機感を持った落語家たちが、"落語の研究、後進の養成、寄席改良"をスローガンに、本格の落語を目指して始まった歴史ある会。現在では、落語家が人前で演じることによって芸を研くことに重点がおかれ、TBS主催により毎月国立劇場小劇場で当代の人気落語家たちによって、珠玉の演目が披露されている。お届けするのは、橘家圓太郎(たちばなや・えんたろう)による「おかめ団子(おかめだんご)」。

「おかめ団子」
麻布の飯倉片町にある評判の団子屋。その何代目かの夫妻に生まれた一人娘・お亀は、生まれながらの器量良し。年頃になり店に出るようになると、うわさを聞いてやってきた人で連日大にぎわいをみせるほどだった。ある日のこと、この日はだいぶ風が強く、客足もまばらで、皆手持ちぶさたなので、店を早じまいすることに。すると「ごめんくだせえまし、お団子を一盆頂きたいんですが」と、25、6歳くらいの男が店に入って来る。

    • プロデューサー
    • 中川通成、今野 徹(イースト・エンタテインメント)
    • ディレクター・監督
    • 今野 徹(イースト・エンタテインメント)
    • 制作年
    • 2017年
    • 制作
    • TBS

詳細を閉じる