今野敏サスペンス 確証~警視庁捜査三課

警察ミステリーの巨匠・今野敏原作。刑事の花形は殺人や強盗を扱う捜査一課。しかし、世の中で起こる刑法犯罪の7割は盗犯といわれている。捜査三課が扱う窃盗犯たちは、高い技術を持つ窃盗のプロ。取り締まる三課の刑事たちもまた、盗犯捜査のプロでなければならない。このドラマでは警視庁捜査三課に在籍する、盗犯捜査専門のプロの刑事たちがプロの窃盗犯たちを追う姿を描く。盗犯捜査のベテラン刑事・萩尾秀一を演じるのは吉田栄作。その相棒・武田秋穂に内山理名がふんし、捜査三課が捜査一課とお互いのプライドをかけて対立する過程も見せていく。
【ストーリー】
警視庁捜査三課の盗犯専門刑事・萩尾秀一(吉田栄作)は、係長の猪野(大杉漣)の命で所轄から警視庁捜査三課に転属になった武田秋穂(内山理名)と組むことに。女は面倒とばかりに秋穂のことを邪険に扱う萩尾に、秋穂も反発。そんな中、白昼2時10分、渋谷の高級時計店で強盗事件が起こる。現場近くにいた秋穂は興味を示すが、強盗は捜査一課が扱う事件であり、秋穂に出る幕はない。ところが翌日深夜2時10分、被害にあった時計店の目と鼻の先にある宝飾店で窃盗事件が起こる。午前と午後の違いはあれど、同じ2時10分という時刻に犯行が行われていることから、萩尾はある推測をする。そのことを確かめるために、萩尾は情報源である迫田(マイク眞木)に会いに行く。そんな矢先、またもや白昼2時10分に今度は赤坂の宝石店で強盗事件が起こる。捜査一課の案件だったが、萩尾は構わず現場を訪れ一課の警部補・菅井(石黒賢)らと対立する。

    • 制作年
    • 2017年
    • 制作
    • ドリマックス・テレビジョン/TBS
    • 初回放送日
    • 2017年 11月 6日放送

詳細を閉じる