居酒屋もへじ-ありがとう父ちゃん-

この作品は「プレミアム見放題」対象外です。

水谷豊主演、石井ふく子プロデュースによる『居酒屋もへじ』の第6弾。上野にある小さな店を舞台に、水谷演じる店主と家族以上に結ばれた人々の日常を通して、人の温かさや心の交流を描く。今回は、主人公の平次が引き取って育ててきた長男・明の実父役で船越英一郎が出演。1作目のマドンナ役・松坂慶子も再登場する。
【ストーリー】
年老いた母親の介護のために山形の実家に帰っていた佐伯陽子(松坂慶子)が東京に戻ってきた。昨年その老母を看取り、再び「居酒屋もへじ」のある上野に来たものの、陽子は住むところも仕事も決まっていないという。常連客の川田まゆみ(岸本加世子)は自分のマンションで寝泊まりすればいいと陽子に言い、平次も自分の店で働くよう勧める。そんなとき、暴力事件に巻き込まれて罪を償っていた平次の幼なじみの高木健也(船越英一郎)から連絡が入る。半年前に刑期を終えて出所し、今は身元引受人のもとで農業をしているという健也は、平次の長男・明(高田翔)の実の父親だった。一方、明は料理人として修業すべく、顔見知りの小料理屋の主人・楠田拓(えなりかずき)に京都の店を紹介してほしいと頼んでいたが、それを聞いた平次は反対だと言い出す。

    • 音楽
    • 主題歌:「いのちの木陰」佐良直美
    • 制作年
    • 2017年
    • 制作
    • TBS

詳細を閉じる